【Let’s TRI !】トライのデザイン履歴

スタッフ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフィックデザイン担当の高橋です。
 
最近、1年ぶりにお店の蕎麦を食べました。
 
本当に美味しかったです。幸せ。。
 
そちらのお蕎麦屋さんは、
 
お店の入り口から趣のある佇まいが既に美味しそうでした。
 
私は車で走りながらよく呟くことがあります。
 
通りすがりの飲食店の店構えを見て、「美味しそう…」と。
 
料理は目で楽しむと言いますが、
 
お店の見た目もまた然りですね(*^▽^*)
 
 
トライファクトリーデザインでは、住宅・店舗の設計と
 
それに付随する印刷物などのデザインも行っております。
 
例えば新築を計画されるお客様の場合、
 
ご相談からお住まいの完成までを
 
弊社を通して行うことはもちろんですが、
 
更にその先の内覧会広告まで自社で制作します。
 
そこまでを「ワンストップ」で行える会社は少ないかもしれませんね。
 
ですが広告も自社で制作することはメリットだらけなのです。
 
弊社では、お客様の住まいの理想像や具体的なご要望を
 
スタッフと共有しながらじっくりと打ち合わせを重ねていきます。
 
その過程でお客様とコミュニケーションを取りながら、
 
時には家以外のお話をするとお互いの出身校が同じだったり、
 
意外な共通点が見つかることもしばしば。
 
こうしたお客様一人ひとりとの時間の積み重ねで
 
十人十色の家が出来上がります。
 
そしてその様子を肌で感じ、内覧会の広告に
 
反映させるのが私の仕事であり、
 
通常であれば施主様の個人的な事情を
 
載せないようにしているのですが
 
是非ともお伝えしたい背景がある場合に限り
 
ご紹介させていただいております。
 
こちらの広告はその事例。
  
  
 
団塊世代のご夫婦が直面した「先を見据えた選択」に
 
私たちが関わらせていただきました。
 
もちろん、住まいを楽しむこともご提案させていただきました♪
 
年齢は関係なく、目に入るものを楽しむことができる家。
 
以前の家では沢山のお花を育てていらっしゃった奥様やご主人が
 
新しい住まいでも同様に楽しめる!そんなコンセプトで設計しました。
 
外で使用する道具を収納できるよう玄関ポーチを広めにし、
 
片付けが億くうにならないような動線を確保しました。
   
 
内覧会開催当日には、「広告を見て来ました」と
 
団塊世代の方が沢山ご来場くださり
 
ご相談いただきました。
  
内覧会の会場に私も同行しているため、
 
お客様の反応を自分の目で確かめることができます。
 
それと同時に、今は住宅に何を求めているのか
 
生のお声をお聴きして、それをまた広告やSNSに反映させる。
 
現場にいるからこそ発信できることがあります。
 
そのメリットを最大限に活かし、制作したいと思っています(*^▽^*)
 

  
新築後、ご夫婦はお子様世帯との距離感を
 
楽しみながら、助け合いながら
 
生活されているとのことでしたので何よりです(*^-^*)
 
お客様と関わることで世の中が見えてくる。
 
正にそういった事例でした。