ホテルライクな空間で過ごす“二人時間”

秋田市桜台・新築

秋田市の閑静な住宅街に平屋が完成しました。

築40年の家を手放し、住まいを新築されたご夫婦は

お子様世帯との近居が実現し、楽しいことも助け合うことも

共有できる将来を見据えた生活がスタートします。

長年寄り添ってきたお二人にとって、これからの生活に必要な物、

時間、空間、雰囲気とは何かを考え、

ヒアリングをしたことで見えてきたご夫婦の過ごし方を間取りに反映させました。

可動式の扉で仕切ることができるリビングと客間は

お子様世帯が集まっても、臨機応変に使用できる空間となりました。

客間の折り上げ天井にアクセントとなる柄を配置したことで

リビングと客間の切り返しにメリハリが出ます。

床の間は派手過ぎない蒼色の背面。小スペースながらも存在感があります。

ダイニングの照明は“鋳物”の傘が重厚感を生み出し、

年齢を重ねてきた穏やかなご夫婦を優しく照らします。

キッチンには、マグネットボードを。

冷蔵庫で用が足りるのですが、あえてメモを貼る場所を設けました。

マグネットアイテムは種類が豊富なので、メモ以外にも

フックやスパイスコンテナなどを並べてアレンジを楽しめます。

リビング隣の主寝室は玄関へ続く廊下とも繋がっており回遊できるため、

日常生活の中で、ちょっとした近道をすることができます。

それは年齢を重ねると、とても重要になる動線であり

思わぬアクシデントの防止に繋がります。

主寝室の壁に見える石のような雲のような丸い物。

夜になると、ほんわか明かりが灯り壁の質感と共に和の雰囲気を演出します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

玄関には、秋田市のROOT WORK SUPPLYさん造作の鏡を配置。トライハウスではお馴染みになりました。

ブラウングレーの収納と建具色を統一し、ブラウンとのカラーアクセントがしっくりきました。

年齢を重ねるごとに、特に女性は冷えに敏感になります。

少しでも冷気をシャットアウトする為に玄関と室内を仕切る建具を設けました。

高断熱高気密は当たり前ですが、玄関ドアの開閉時には必ず多少の冷気が吹き込むので

玄関から室内への入り口を仕切ることは大きなポイントとなります。

また、ドアではなく引き戸にすることで開けた後にドアノブの引っ掛かりがなくなり

廊下がその分広く使用でき、バリアフリーに繋がります。

トライファクトリーデザインをもっと知る

30秒でダウンロード可能です。

お問い合わせはこちらから

内容確認後、担当者より返信いたします。

お気軽にお問い合わせください。