秋田で新築・注文住宅のことならトライファクトリーデザイン

ブログ

【秋田市で新築注文住宅を】TMTは屋根断熱で充填断熱

ちょっと断熱について・・・

夏は屋根や外壁サイディングの表面温度は日射でによって60~70℃ 位にもなります。
特に西側の角度の低い日射は 外壁や屋根などの劣化スピードを増してしまうほど酷な環境になります。
建物全体で熱の流出入する部分として、屋根や天井、外壁、窓、床、基礎、隙間などがありますが、熱の流出入の約15%は屋根と言われています。
したがって断熱材の少ない家は、日射以外にもこれらの熱が入ってきます。
天井や屋根の夏の断熱は、小屋裏や屋根面の間の通気が適切に保たれている時だけ、本来の性能を発揮します。
通気されていないと小屋裏の温度は50℃以上になり、大きな冷房負荷を与えます。
したがって、建物の断熱性を高めるためには、屋根や天井の断熱方法が重要なポイントになります。
夏の暑さ対策として、一般論としては天井断熱より屋根断熱のほうに効果があるようです。
屋根断熱の注意点は、断熱材と野地板の間に通気層を確保して、熱せられた屋根面からの熱を効率よく排熱する構造にすることが重要です。

やはり、ポイントは通気!

それから本来 外断熱 内断熱 という言葉は、鉄筋コンクリート造の壁の外側に断熱したり、内側に断熱したりするときに使われる言葉です。

トライアルファクトリーデザインテクニカルマネジメントチーム

株式会社 テクニカルマネジメントチーム / T.M.T
〒010-0003 秋田県秋田市東通6丁目1-31
TEL: 018-893-3355  FAX: 018-893-3356