秋田で新築・注文住宅のことならトライファクトリーデザイン

ブログ

【秋田市で新築注文住宅を】歩車道境界ブロックの決まりごと

秋田市で新築住宅ならトライファクトリーデザイン!

歩いていると、車道と歩道の境界線があいまいな道路があります。
道路自体の幅員が狭く、交通量があまり多くない場所にあるようなあの道路・・・。
そこに設置されてある、車道と歩道の境界にあるブロック、
見たことありますか?
「見たことある!でも気にならない・・・」という方も多いのではないでしょうか(^v^)
気にならないということは、実は邪魔にならない位置に設置されているということ!笑
この「歩車道境界ブロック」の設置には決まりごとがあったのです!
秋田市では、このブロックの端から端は6m間隔と決まっています。
(他にも細かい指定はあります^^)
ですので、その6mの間に住宅の出入り口が設定されているのです!!
道理で気にならないわけですね♪
ちなみに、歩道スペースもない道路にはこのブロックは設置されておらず、
白線のみの場合もあります。
私たちが生活しやすいように実は工夫されている道路の決まりごと、
他にもたくさんありそうですね(^v^)

トライアルファクトリーデザインテクニカルマネジメントチーム

株式会社 テクニカルマネジメントチーム / T.M.T
〒010-0003 秋田県秋田市東通6丁目1-31
TEL: 018-893-3355  FAX: 018-893-3356