秋田で新築・注文住宅のことならトライファクトリーデザイン

ブログ

【秋田市で新築注文住宅を】指矩(さしがね、指金とも)

指矩(さしがね、指金とも)

スノコをつくりたくて、真鍮釘とか杉材とかヒバ材なんて買い込んできました。
よちよちの大工仕事なので、丸ノコ、玄翁、スケールなんかそろえてはじめたが、
やはり指矩(さしがね、指金とも)は考えられた道具だと思います。
その説明については下に引用させてもらった文章を記しますが、基本的に男子は道具好きなんではないでしょうか?
そして、ハタと優れものに出会うと感動してしまう。
伝統的道具では、私の祖父が大工だった影響が強いので、やはり大工道具は魅力的でした。
それぞれの用途別のノミ、両刃のこぎりで木材の繊維方向に切るものと繊維に対して直角に使うもの、かんなの調整、さげふり、特に墨うちするときの大工さんは格好よかった!
道具箱にもあこがれたものです。あと、構造が複雑な道具は分解して構造を調べてみたものでした。大抵の場合は修復不可能になるのですが。
小学生頃にはモデルガンのリボルバーが引き金を引くときに廻るのはどうゆう構造になっているのか?
オートマチックのダブルアクション。
もうちょっと年がいくと、車のエンジンやら、バイクのエンジン、バラしたり組み立てたり。
みなさんは何か持っておきたい「道具」ってありますか?

【引用文】※指矩(さしがね、指金とも)は、工具の一種。金属製で目盛りがついており、材木などの長さを測るのに使われる。L字型をしており、両方の辺に目盛りがある。また、内側にも目盛りがある。角は直角を測るために使われる。
日本で製造されているもののほとんどは、目盛りは33分の1メートル単位でふってあり、「1/33m」などと表示されている。この長さは尺貫法の1寸の長さに等しい。
しかし、日本の計量法では、メートル法以外の基準を用いている計量器を販売することが禁じられているため、このような表記になっている。無論、メートル法の単位で表記されているものもある。
裏面にも目盛りが振ってあるが、裏の目盛りは角目(かくめ)と丸目(まるめ)がある。角目は表の目盛りの1.414倍単位でふってある。この長さは、表の目盛りに2の平方根を掛けたものに等しい。これは、正確な45°を作成するために使われる。また、角目で丸材の直径を測れば丸材からとれる角材の最大幅を求められる。丸目は表の目盛りの3.141倍単位でふってある。こちらは表の目盛りに円周率を掛けたものに等しい。丸目で丸材の直径を測ればその丸材の円周が求められる。ほかにも幾何学的な応用によって三角関数を計算できるため、直角で無い角度をもつ柱などの組み合う長さを求めることも出来る。
長さは長辺が1尺5寸5分(47cm)、短辺が7寸5分(22.7cm)で、幅は5分(15.1mm)だが、50cmまで測れる若干長めのものも市販されている。なお、指矩に似た工具として15~18cm程度の目盛りがついたスコヤがあるが、用途はやや異なる。
指矩は別名曲尺(かねじゃく)とも言い、そこから、指矩で用いられている主として建築などで使われていた尺や寸の長さのことも「曲尺」と呼ぶようになった。「曲尺」という字を宛てるのは直角に曲がった尺(物差し)だからであり、金属製であることから「かねじゃく」という。
「誰の差し金だ!」とは
表に出ずに他の人をそそのかして何かをさせることを「さしがね」という。
これは大工道具の指矩のことではなく、芝居で使う小道具の一種で、竿の先に針金をつけ、蝶や鼠、ひとだまなどを舞台の裏から動かすもののことであり、そこから転じた用法である。ただし、大工の親方が指示を出すのに指矩を使って人や物を差していたからという説もある。
とのことです

佐藤

トライアルファクトリーデザインテクニカルマネジメントチーム

株式会社 テクニカルマネジメントチーム / T.M.T
〒010-0003 秋田県秋田市東通6丁目1-31
TEL: 018-893-3355  FAX: 018-893-3356